Configuration

ざっくりしたおすすめ設定

local_mode true
chef_repo_path   File.expand_path('../' , __FILE__)
cookbook_path    [ File.expand_path('../cookbooks' , __FILE__), File.expand_path('../site-cookbooks' , __FILE__)]

knife[:ssh_attribute] = "knife_zero.host"
knife[:use_sudo] = true
knife[:identity_file] = "PATH_TO_YOUR_PRIVATE_KEY"

knife[:automatic_attribute_whitelist] = %w[
  fqdn
  os
  os_version
  hostname
  ipaddress
  roles
  recipes
  ipaddress
  platform
  platform_version
  cloud
  cloud_v2
  chef_packages
]

### Optional.
## Cookbookやレシピで定義されたattributeを、認証情報や毎回値が変わるような動的情報を使っている際に使います。
## nodeオブジェクトをバージョン管理したい際に役に立つでしょう。
# knife[:default_attribute_whitelist] = []
# knife[:normal_attribute_whitelist] = []
# knife[:override_attribute_whitelist] = []

knife.rbに設定することができる、Knife-Zero固有のオプション

たとえばEC2のインスタンスで使う時のオススメ設定。

knife[:automatic_attribute_whitelist] = %w[
  fqdn
  os
  os_version
  hostname
  ipaddress
  roles
  recipes
  ipaddress
  platform
  platform_version
  cloud
  cloud_v2
  ec2/ami_id
  ec2/instance_id
  ec2/instance_type
  ec2/placement_availability_zone
  chef_packages
]
knife[:before_bootstrap] = 'logger "bootstrap start"'
knife[:before_converge]  = 'logger "before_converge"'

exitステータスが0以外なら停止します。

リモートノードのclient.rbに任意の内容を追加する

zero bootstrap--appendix-config PATH オプションを使用する例です。

たとえば、リモート側Chef実行時のログレベルをデフォルトの:warningから:errorに変更したい場合。

append.rb など任意の名前で、次のファイルを用意します。

log_level :error

次のようにbootstrapを実行すると、リモートノードのclient.rb末尾にappend.rbの内容を追記します。

$ knife zero bootstrap --appendix-config ./append.rb ...(other options)
Fork me on GitHub